不動産会社で賃貸の住まいを探すことがあります。

住まい作りで見直される自然の素材

住まいではアパートとマンションの違いを知る

住まい作りで見直される自然の素材 不動産会社で賃貸の住まいを探すことがあります。その時は文字的な情報での確認が主になります。一応写真などもありますがあまりはっきりしないこともあります。よく利用するのはマンションであったりアパートになるでしょう。イメージとしてはマンションはエレベーターの付いた高い建物で外観も洋風なタイプと考えます。アパートは屋根は瓦などの日本的な建物で2階建て、エレベーターなしのイメージがあります。

厳密に法律でアパートはこう表記、マンションと表記するにはこの条件を満たさないといけないなどはありません。つまりはマンションのイメージで持っている建物にアパートとつけられることもありますしその逆もあります。ただ不動産会社の中には一定の基準を設けて区別しているところがあります。まずマンションは鉄筋コンクリート造り鉄骨で作られている建物が主になります。

アパートでも最近建てられるものは鉄骨が使われることが多くなっています。ただし2階建てが多くそれほど強い鉄骨ではありません。軽量鉄骨と呼ばれるタイプが使われます。設備などは最新だとどちらもほとんど変わりません。若干壁がマンションのほうが厚くてアパートが薄いことがありますが大きな違いではありません。文字情報だけで選ぶと損をすることがあるので注意しましょう。